皮脂 過剰分泌 抑える

皮脂の過剰分泌でベタベタ肌やテカリ肌で...

皮脂の過剰分泌に困る女性


お肌の皮脂が分泌され過ぎると、ベタベタ肌やテカリ肌を引き起こします。そうなると化粧崩れの元ですし、清潔感にも欠けるので本当に困りますよね。化粧下地やメイクでカバーをするのも限界が有ります。

 

だから、ここでは皮脂が過剰分泌される原因素肌から皮脂コントロールするスキンケアについてまとめてみました。皮脂の過剰分泌で困っているあなたの参考になれば嬉しく思います。

 

まず、皮脂が過剰分泌されるのには理由が有ります。その理由を知るだけでも大きく変わります。

 

季節的な要因で皮脂が多く分泌

日差しが皮脂を促す

暑い季節は汗をかいて、毛穴から多くの皮脂が分泌されます。気温が高いと皮脂も溶けて、肌の表面に出て来やすくもなるのです。でも、他にも理由が有るからこそ暑い季節に皮脂が目立つのです。

 

年齢的に皮脂が分泌される事も

年齢が気になる

10代はホルモンの活動が活発で皮脂が多く分泌されます。大人になると皮脂は落ち着きますが、30代になるとホルモンのバランスが崩れて、皮脂が過剰分泌される事が有るのです。

 

不規則な生活習慣で皮脂が過剰分泌

ファーストフードは程々に

夜更かしで睡眠不足になると、ホルモンのバランスが崩れて皮脂が多く分泌されます。そしてファーストフードやスナック菓子を食べ過ぎても、皮脂は多く分泌されるのです。睡眠は美肌の元ですよ。

 

間違ったスキンケアでも皮脂が多くなります

間違ったスキンケアはマイナス効果

アルコール配合化粧品の使い過ぎると、肌の刺激となって皮脂が過剰分泌されます。顔を洗い過ぎても潤いまで落としてしまって皮脂が出たりします。良かれと思ったスキンケアが逆効果になるのです。

 

だからこそポイントを押さえた正しいスキンケアが大事

正しいスキンケアが大事

皮脂が多く分泌される場合は、それに合ったスキンケアをするのが大事なのです。この後、皮脂を抑えるスキンケアのポイントを解説します。分かれば意外とシンプルですよ。

 

そろそろ本気の皮脂ケアでベタベタ肌を肌の奥から解消しましょう!


効果的に皮脂の過剰分泌を抑える3つのポイント

皮脂の抑えるポイントに納得の女性


皮脂の過剰分泌を防ぐのにはポイントが有ります。しっかりポイントを抑えれば効果的にスキンケアできます。

≫ 男性の場合はポイントが変わってくるのでコチラ

 

保湿ケアが皮脂の過剰分泌を防ぎます

肌が乾燥すると毛穴から皮脂が分泌されて、それ以上の乾燥を防ごうとします。それに肌表面がベタベタでも、肌の内部で水分が不足しているインナードライでも皮脂は分泌されるのです。肌の奥から保湿ケアしましょう。単なる保湿ではなく高浸透型の保湿ケアがポイントです。

肌のターンオーバーを整えるのも皮脂ケア

お肌のターンオーバーは加齢だけでなくストレスや睡眠不足でも乱れます。肌が規則正しく生まれ替わらないと、肌荒れにも繋がり益々再生サイクルが乱れて、皮脂の過剰分泌も引き起こします。肌の再生サイクルを整えて正しいターンオーバーにするのも皮脂を抑えるケアなのです。

同時に毛穴を引き締めて皮脂コントロール

皮脂の過剰分泌を続けて、拡がってしまった毛穴を引き締めるのも重要です。皮脂が余分に分泌される原因を解消して、毛穴を引き締める事で、皮脂コントロールがより効果的になります。Tゾーンのベタつき対策には、毛穴ケアの引き締めケアが重要です。

 

これらのポイントを押さえた基礎化粧品を選べばバッチリ。皮脂の過剰分泌を抑えます。
多くのアイテムから必要なのを絞り込む事ができるのです...

 

皮脂の過剰分泌を抑えるスキンケア製品 Best5選

皮脂を徹底ケアする女性


ここで皮脂コントロールにピッタリのスキンケア製品を厳選してみました!

 

皮脂ケアに必要な保湿ケア、ターンオーバーの回復、引き締め効果が有る

実績の有るメーカーが作った国産のスキンケア製品

ネットの口コミで多くの人から支持されている

 

この基準で皮脂ケアにピッタリのスキンケア製品をピックアップしてランキングにしています。
あなたにピッタリのスキンケアを見つけてくださいね。

 

 

ラシュレ 〜 脂性肌を奥から徹底ケア!

 

ラシュレの特徴は...

  • オールインワンの美容ジェルで簡単スキンケア
  • オイリー肌の皮脂と毛穴トラブルを徹底ケア
  • 日本製、無添加の低刺激、医薬部外品
  • 90日間返金保証付き
  • CLASSY. / ar / Ray / creabeaux など女性誌や美容専門誌に掲載

 

ラシュレの機能的な成分は...

 ナノ化で肌の内側に届く: ナノ化セラミド、10種類の保水成分

 肌の奥から皮脂バランスを整える: ビタミンC誘導体、グリチルリチン酸2K

 お肌と毛穴を引き締める: サイプレス、アーチチョーク葉

 ターンオーバーの乱れをケアする: 水溶性プラセンタ、酵母多糖体末

 

ラシュレは大人女子のテカリやベタベタな肌を徹底的にケアするオールインワン。洗顔の後はこれ一つの簡単スキンケアです。忙しくても朝晩のスキンケアを楽々できちゃいます。

 

簡単だけど、オイリー肌(脂性肌)に合わせた保湿と肌機能のケアを徹底して、肌の水分バランスを整え皮脂コントロール。ナノ化された保湿成分は高浸透型で肌の奥まで届いて働きかけます。

 

ラシュレの悪い口コミ

  • 少し突っ張る感じで乾燥するのが気になった。
  • オイリー肌がこれと言って良くはならなかった。
  • 皮脂は抑えられたけど毛穴の黒ずみや開きは変わらず。

ラシュレの良い口コミ

  • 皮脂でベタつかなくなって、ニキビや毛穴トラブルが減った。
  • 肌がふっくらして来て、毛穴が目立たなくなって来た。
  • 顔のベタつきが解消して、肌がサラサラになった。

 

悪い口コミでは、期待した効果を得られなかったとの書き込みが有りました。2週間くらいの短期間の使用だと、夕方の化粧崩れまでは防げなかったとの事です。

 

ただ、良い口コミでは、ハッキリと皮脂分泌が減るのを実感しています。肌のベタつきが減って、サラサラになるのを実感している多くの書き込みが有りました。

 

もちろん肌の個人差は有ると思います。ラシュレには90日間の返金保証が用意されているので、安心して試せますよ。オールインワンだから朝のメイクの前に、強力な皮脂ケアとして使えちゃいます。皮脂の過剰分泌を抑える鉄板アイテムなので試す価値は有りますよ!

 

ソワン 〜 毛穴ケアからの皮脂分泌を抑制!

 

ソワンの特徴は...

  • 毛穴専用の美容ジェル
  • 毛穴トラブルを徹底ケアして皮脂コントロールに最適
  • 日本製
  • 無添加の低刺激、医薬部外品
  • 365日間返金保証付き

 

ソワンの機能的な成分は...

 お肌の奥から年齢毛穴を徹底ケア: アーチチョーク葉エキス

 肌の奥まで浸透する: 低刺激ビタミンC誘導体

 皮脂量をコントロールする: プラセンタ

 お肌と毛穴を引き締める: 5つの収れんハーブ

 

毛穴専用美容液なのがソワンなんです。美容液と言っても使い心地は軽く、もちろん皮脂の分泌が多いのをバッチリとケア。角栓で詰まった毛穴から、開いた毛穴までしっかりアプローチしますよ。

 

毛穴ケアのベースとなるのは、徹底した保湿と皮脂コントロールです。だから、皮脂の過剰分泌を抑えるのにピッタリなんです。しっかり皮脂ケアできます。

 

ソワンの悪い口コミ

  • 顔のベタつきは収まったけど、頬のカサつきが気になった。
  • 毛穴の黒ずみは減ったけど、毛穴の広がりは変わらなかった。
  • 二週間では肌の調子に大きな変化が無かった。

ソワンの良い口コミ

  • 肌のベタつきが無くなって、キメが整って来た。
  • 肌がザラザラしたのが減って、毛穴が目立たなくなって来た。
  • 毛穴の黒ずみが薄くなって、毛穴が引き締まって来た。

 

悪い口コミでは、乾燥肌や混合肌の人が、潤い不足を感じているケースが有りました。ただ、良い口コミでは肌のベタつきが解消されて、毛穴の黒ずみが減るのを多くの人が実感しています。

 

皮脂だけでなく毛穴も気になる人にピッタリです。返金保証を活用して、ご自分の肌に合うのをしっかりと確認してくださいね。

 

アンサージュ 〜 洗顔からスキンケアまでトータルケア!

 

アンサージュの特徴は...

  • クレンジング+洗顔クリーム+化粧水+乳液のセット
  • 毛穴ケアとエイジングケアに最適
  • 日本製、100年以上の歴史を持つ製薬会社が開発
  • 無添加の低刺激、医薬部外品
  • 60日間返金保証付き

 

アンサージュの機能的な成分は...

 毛穴の奥から汚れを浮かす: ホホバ種子脂など天然オイル

 毛穴に詰まった汚れを吸着: 粒子の細かいピンククレイ

 お肌を保湿する: 黒酵母エキス、シアバター、オウゴンエキス、アーチチョーク葉エキス

 美肌成分: スクワラン、ドクダミエキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス

 

クレンジング+洗顔クリーム+化粧水+乳液まで揃うのに高いコスパで人気なんです。もちろん内容もしっかりしていて、洗顔からトータルに毛穴をケアして皮脂コントロールしますよ。

 

洗顔から揃えると普通はそれなりにコストも掛かります。そもそも全てを毛穴ケアで揃えるは大変ですしね。でもアンサージュなら納得の価格で全てを揃えられます。

 

ナールスピュア 〜 エイジングケアから皮脂ケア!

 

ナールスピュアの特徴は...

  • エイジングケアの化粧水
  • 加齢からくる毛穴ケアに最適
  • 日本製
  • 無添加の低刺激、医薬部外品
  • 30日間返金保証付き

 

ナールスピュアの機能的な成分は...

 ハリとツヤのある肌を作るエイジングケア成分: ナールスゲン

 肌の奥から皮脂バランスを整える: 高浸透型ビタミンC誘導体 APPS

 保湿力アップ: 水溶性プロテオグリカン

 低刺激の無添加: 界面活性剤 / 香料 / 着色料/ 鉱物油 / シリコン / バラペンは不使用

 

新しい美容成分ナールスゲンが肌を徹底的に保湿します。年齢で潤いが入っていかない肌にも、ぐいぐい潤いを届けるエイジングケア。徹底した保湿により皮脂コントロールするのです。

 

米肌 〜 ライスパワーで潤いケアと皮脂ケア!

 

米肌の特徴は...

  • 石鹸+化粧水+保湿美容液+美容クリーム+化粧水マスクのセット
  • 徹底した保湿ケアと、肌が自ら潤いを作り出す肌に
  • 日本製、コーセー「米肌」
  • 低刺激処方なので安心、肌医薬部外品
  • MAQUIA / 美的 / MORE / 25ans など女性誌に掲載

 

米肌の機能的な成分は...

 肌が自ら潤いを作る: 「ライスパワーNo.11」がセラミドを産出

 肌を包み潤いをキープする: 大豆発酵エキス

 角層細胞の保湿力をサポート: ビフィズス発酵エキス

 乾燥や紫外線から肌を保護: 乳酸Na、グリコシルトレハロース

 

コーセー「米肌」はお米が持つ力を活用して、加齢による乾燥を集中ケア。肌が自ら潤い、ハリを取り戻すように細胞の力を引き出します。ふっくらした肌になり余分な皮脂分泌を抑えるのです。

 

厳選を重ねたBest5なので、どれもが納得の内容ですよ。ただ、あえて一つに絞るならワタクシ的には...



皮脂の過剰分泌を効果的に抑えるなら「ラシュレ」がイチオシです

あえて一つを選ぶなら皮脂ケアは「ラシュレ」なんです! その理由を言うと、ラシュレは元々女性のオイリー肌を徹底ケアするために開発された基礎化粧品だからです。

 

しかも、オールインワンだからこれ一つだけの簡単スキンケアです。洗顔の後はこれだけです。他には化粧水も乳液も不要なのです。だから、スキンケアに掛かる手間も時間も大幅カットです。

 

オイリー肌・脂性肌のケアに特化したスキンケア

オイリー肌に合わせた10種類のナノ化保湿成分を高濃度で配合。肌の奥まで届く保湿ケア。オイリー肌にピッタリの抗菌作用はニキビや肌荒れもケア。そして収れん成分の引き締めアロマで毛穴を引き締めます。皮脂コントロールで過剰分泌を防いで、徹底的に脂性肌をケアします。

 

肌に合うか気になっても90日返金保証で安心

やっぱり自分の肌に合うか気になる人には90日間の返金保証が役に立ちます。特に敏感肌の人や、自分にも効果が有るか不安な人は、安心して試せます。オイリー肌で悩むなら試す価値は有りますよ!

 

▼利用者の口コミは? 返金保証の内容は?▼




皮脂が過剰分泌される原因は?

皮脂が分泌される原因を説明する女性

皮脂が過剰分泌されるとイヤなので抑えるスキンケアは大事ですよね。
ここでも皮脂の過剰分泌を抑えるスキンケア製品5選で紹介していますが今はいろいろな対策で、皮脂の過剰分泌を抑えるアプローチが有ります。

 

でも、そもそも皮脂が分泌される原因は何なのでしょうか?
と言うことで、詳しい原因を説明します。うまく対策してスキンケアの効果を倍増させましょう。

 

皮脂が分泌されるのは肌を守るため

毛穴から皮脂が分泌されて、その皮脂は肌の表面に膜を作り、天然の保護クリームとなって肌を覆います。この膜が乾燥から肌を守り、細菌が肌から体に入ってくるのも防ぐのです。

 

ところが肌が乾燥していたり、肌が荒れていたりすると、肌を守るために皮脂が多く分泌されるのです。つまり、体が良かれと思って皮脂を分泌する訳で、皮脂にはバリアーのような役目が有ります。

 

それに適度な皮脂は肌にツヤと潤いを与えて、美肌の元でも有るのです。でも、ちょっとした行動で皮脂が過剰に分泌されるので、少しだけ注意した方が良い行動も有るのです。

 

食事や生活習慣が原因で皮脂が過剰分泌されます

実は皮脂を過剰分泌させてしまう食品が有ります。どれも美味しいものばかりで、ついつい手が伸びてしまいますよね。これらを多く食べているなら量を減らすように心がけましょう。

 

  • 揚げ物
  • インスタント食品
  • スナック菓子
    •  

      これらは食べるだけで皮脂の分泌が増えてしまい、しかも皮脂分泌を抑えるビタミン類は少ないのです。逆にビタミンが多い緑黄色野菜や、DHA/EPAなどの不飽和脂肪酸を含むサバ・イワシなどの青魚は皮脂を抑えます。

       

      揚げ物を食べる時は一緒に野菜を多く食べるように意識したり、たまにはお魚を食べるようにしたり、食生活のバランスを取るのが皮脂分泌を抑えるのです。

       

      夜更かしが皮脂の分泌を増やす?

      あと、夜更かしも良くないのです。夜更かしが皮脂分泌を促します。夜遅くまで起きていて睡眠が少なかったり、寝る時間がバラバラでリズムが不規則だと、皮脂の分泌が活発になるのです。

       

      夜の寝ている間にお肌は作られますし、夜更かしをする事でホルモンのバランスが崩れます。寝ている間に男性ホルモンを抑制するはずが、十分に睡眠がとれないと男性ホルモンが優勢となり、皮脂が多く分泌されるのです。

       

      夜遅くまで起きているだけで肌が荒れたり、皮脂が多く分泌されたりするのです。これは分かっていても忙しいとなかなか出来なかったりしますが、睡眠はしっかり取るのが美肌のコツなんです。

       

      男性の場合は更に別の要因も

      男性の場合は元々が男性ホルモンが多い訳ですから話が変わって来ます。皮脂の過剰分泌と言うより、皮脂が多く分泌されるのが男性の平常運転でも有るからです。

       

      30代を過ぎると男はどんどんテカテカでベタベタになって行くのに、女性は肌の乾燥に悩むのですから、少し皮肉でも有りますよね。とは言え過剰にテカテカは男性も困ります。

       

      男性の場合はそもそもの前提が異なりますので、男性のベタベタ肌のケアは詳しくはコチラをチェックしてください。

       

       

       

      皮脂の分泌を促す行動は他にも有ります。実は良かれと思っていて実行していた事が逆効果だったりするのです...


もっと有る皮脂が分泌されるNG行動とは?

皮脂が出るNG行動に戸惑う女性

前の記事でも説明しましたが、皮脂は体を守るバリアー機能です。その皮脂が暴走して多く分泌され過ぎるから、ベタベタのオイリー肌になるのです。

 

そんな皮脂の過剰分泌を引き起こすNG行動は他にも有るのです。
無意識に皮脂の分泌を引き起こさないように、もっとチェックしてみましょう。

 

あぶら取り紙の使い過ぎは皮脂を分泌させます。

皮脂で顔がベタベタになると、ついつい何かしたくなりますよね。そんな場合、日中に役立つのが、だから、あぶら取り紙です。あぶら取り紙で小まめに何回も使って、皮脂を吸い取ってまませんでしょうか。

 

あぶら取り紙はメイクを落とさずに、メイクの上からでも皮脂を取れるので便利です。でも、一日に5回も10回も使っているようだと逆効果で、却って皮脂が分泌されちゃいます。

 

なぜかと言うと、あぶら取り紙は皮脂が取れ過ぎてしまい、肌に必要な皮脂まで吸い取ってしまう事で、却って皮脂の分泌を促すのです。あぶら取り紙は一日二回までに抑えましょう。

 

洗顔のし過ぎも逆効果です

顔がベタベタするからと言って、一日に何回も洗顔するのも逆効果です。肌は水分の蒸発を防ごうとして、毛穴から皮脂を分泌させます。それなのに、いくら皮脂を分泌しても、効果が無い状態になります。

 

あぶら取り紙も洗顔も同じで、いくら皮脂を分泌させても乾燥する... だから、もっと皮脂を分泌させよう! と更に皮脂を過剰分泌させて逆効果になるのです。

 

洗顔は一日二回まで。朝と夜だけです。夏場は昼間に水洗いなら、一回足しても良いのですが、基本は一日二回です。洗い過ぎに注意です。

 

しっかり保湿する事が重要です

肌の表面はベタベタでも肌内部の水分が不足しているインナードライでも、皮脂が分泌されるので肌内部からスキンケアでしっかり保湿する事が大事なんです。

 

あぶら取り紙の使い過ぎや、洗顔のし過ぎは避けましょう。あと、シャワーを直接、顔に当てて洗い流すのも要注意です。シャワーもあてすぎると、顔の潤いまで流してしまいますので避けた方が良いのです。

 

 

 

余り神経質になるのも疲れてしまいますので、出来る範囲で少しだけ気にしてみてください。せっかく皮脂の過剰分泌を抑えるスキンケアをしているならモッタイナイですからね。


皮脂が過剰分泌を抑える正しい洗顔方法とは?

正しい洗顔方法を説明する女性

皮脂の過剰分泌を防ぐ第一歩として洗顔はとても重要です。やっぱり余分に分泌された皮脂をある程度は外からも除去する必要が有るからです。

 

外から皮脂を除去するのと、内部からスキンケアで皮脂分泌を抑えるので、両方から皮脂コントロールするのが重要です。

 

ここでは効果的に皮脂の過剰分泌を防ぐ洗顔について説明します。洗い過ぎに注意するのがポイントですよ。

 

やってはイケない洗顔のNG行動

効果的に皮脂を落とす洗顔の前に、逆に良かれと思って行動しているはずが逆効果のNG行動についてチェックしてみましょう。いくつ、あてはまるでしょうか。

 

  • 一日に五回は洗顔するように心がけている
  • ゴシゴシとしっかり手で顔を擦って洗顔している
  • スクラブ入りの洗顔料で脂っぽい部分を集中的に洗顔している
  • 皮脂が溶けるように38度以上の熱いお湯で洗顔している
  • 洗顔のついでに二日に一回は毛穴パックをしている
  • 洗顔の後、10分以上の時間をおいてから保湿ケアをしている
    •  

      洗顔は朝晩の一日二回

      肌がベタつくと、ついつい多く洗顔をしたくなります。でも、まめに洗顔すれば良かったのは10代までです。大人の女性は朝晩の洗顔が基本なんです。汗をかいた日は、昼間に水だけで洗顔を追加しても良いですが、原則として一日二回までです。洗い過ぎは余計に皮脂が分泌されます。

       

      洗顔は泡を使って優しく

      洗顔する時は、手の平で十分に泡立てて、その泡でマッサージするように優しく洗います。ゴシゴシと顔を擦ったり、スクラブ入り洗顔料は、肌の潤いまで落としてしまい、皮脂が余計に分泌される原因です。泡で包み込むように優しく洗ってください。

       

      洗顔は35度のぬるま湯で

      38度以上の熱いお湯は、確かに皮脂も溶けるのですが、肌に必要な潤いまで溶けてしまい、やっぱり洗い過ぎの原因になるのです。洗顔は35度くらいのぬるま湯で洗いましょう。濯ぎの際も、ぬるま湯で丁寧に流します。

       

      洗顔の後のタオルも優しく

      洗顔の後、タオルで顔を拭くときもゴシゴシとタオルで擦ってはダメです。タオルを顔に押し付けて、水分をタオルに移すように押し拭きが基本です。洗顔の後は、肌は無防備な状態なので、ここをタオルで擦ると結構なダメージとなり皮脂分泌の原因になります。タオルは優しく押し拭きで。

       

      顔を拭いたら一秒でも早くスキンケア

      洗顔後のお肌は無防備で、刻一刻と乾燥して行きます。だから一秒でも早く化粧水や乳液でスキンケアです。こういう時、オールインワンだと楽ですね。とにかく少しでも早くスキンケアです。そして、スキンケアとメイクの間は10分くらいは空けて、スキンケアが顔に馴染むようにしてくださいね。

       

       

       

      一つ一つは、大きな事では有りませんが、少しづつ積み重なった大きな差となります。特に洗顔は毎日の事ですからね。大きな積み重ねになりますので少しだけ気にして洗顔してみてくださいね。

       

      皮脂を抑えるには取り過ぎてもダメ!

      皮脂は取り過ぎないでね

      皮脂が多く分泌されているからと言って、ついつい皮脂を取る事にだけ気が行ってませんでしょうか。

       

      ある程度は皮脂を取り除くのは、もちろん必要な事です。そのまま肌の上に余分な皮脂を乗せておくのは避けたいですからね。

       

      でも皮脂を取り過ぎるのも良くないのです。ここで少し解説します。

       

      洗顔の所でも説明しましたが...

      前回の正しい洗顔の所でも説明しましたが、「洗い過ぎ」つまり洗顔のし過ぎも良くないです。そういう、とにかく洗顔が許されるのは10代の話です。

       

      良く洗顔して皮脂を取り除くと、一時的にはサッパリします。でも、お肌にとっては「サッパリと言うか肌に潤いが足りないかな?」状態になってしまうのです。

       

      そもそも皮脂は肌を守るモノ

      適度な皮脂は肌のバリアとなって外部の刺激から肌を守ります。天然の保護クリームが皮脂なのです。その皮脂がサッパリし過ぎで不足となると、肌は皮脂を分泌するのです。

       

      だから皮脂を取り過ぎると、お肌は慌てて皮脂を分泌させて、ついつい皮脂の過剰分泌となるのです。お肌を守るためにも適度に皮脂を残す必要が有ります。

       

      だから皮脂を取り除くにも適度に取り除くのが大事

      皮脂を取り過ぎないように、ぬるま湯で洗顔したり、洗顔は朝晩の2回に抑える必要が有るのです。全ては適度に皮脂をお肌に残すのが目的なのです。

       

      過剰な皮脂は化粧崩れの元ですから、日中はあぶら取り紙やティッシュで皮脂を抑えるのも有りです。でも、皮脂を取り過ぎないように注意が必要です。

       

       

       

      皮脂を取り過ぎないのも、結局は皮脂の過剰分泌を抑える事に繋がります。皮脂を抑えるスキンケアをしながら、皮脂は適度に取り除いてくださいね。


空気が乾燥しているはずなのに顔がテカる場合とは?

顔がテカる原因を説明する女性

冬場は空気が乾燥しているはずですよね。それなのに顔がベタついて困っていませんか? それは大人ニキビが発生するサインかも知れません。要注意なんです。

 

夏場の暑い場所で顔がベタつくのは分かるのですが、乾燥している場所でもベタつくとしたら理由が有ります。ここでは、その原因について説明します。

 

冬場の顔のベタつきは大人ニキビのサインかも知れません

実はニキビが悪化しやすいのは、汗をかく夏場では有りません。肌が乾燥して、肌のバリア機能が低下する冬場こそニキビが発生しやすくなるのです。つまり冬場の顔のベタつきはニキビが発生する予告なんです。

 

実は皮脂が過剰分泌しても、皮脂そのものではニキビは発生しません。皮脂がニキビを悪化させる原因にはなりますが、ニキビそのものの原因では無いのです。

 

ニキビが発生する原因は毛穴が詰まるから

ストレスや加齢で肌の新陳代謝が低下すると、肌は柔軟性を失い固くなります。肌が固くなると毛穴も固くなりつくと、収縮した毛穴に角栓が詰まりやすくなるのです。

 

そして角栓で詰まった毛穴に皮脂がたまると見事にニキビになるのです。毛穴が詰まっていなければ、皮脂が分泌されてベタベタになるだけですが、毛穴が詰まっているとニキビになるのです。

 

だから、しっかり皮脂コントロールをするのが重要です

皮脂の過剰分泌がニキビの原因ではないのですが、余った皮脂が肌トラブルを招くのは事実です。だから皮脂の過剰分泌をしっかり抑える事は重要なのです。

 

皮脂の過剰分泌をおさるには、肌のバリア機能を強化して、余分な皮脂など必要が無い状態にする事です。肌バリアは肌の表面に水分と油分がバランス良く存在する状態です。つまり保湿が重要なのです。

 

そして保湿ケアに行きつくのです

皮脂が有る程度は分泌されるなら、足りないのは水分です。だから保湿ケアの登場です。冬場の顔のテカりはニキビの元です。だから、しっかり保湿ケアが必要なのです。

 

しっかり保湿して肌本来のバリア機能を回復させましょう。肌のバリア機能が回復すれば、肌は安心して余分な皮脂分泌を抑える事になるのです。

 

 

 

顔がテカるのは夏場に多そうなイメージですが、冬場にテカっている人こそ実は要注意なんです。冬場こそしっかりスキンケアですね。やっぱり乾燥はお肌の大敵なんです。


皮脂の過剰分泌を抑える運動とお風呂

皮脂を抑えるのには運動です

皮脂を抑えるのにはスキンケアが大事なのは言うまでも無いですよね。でもお金を掛けずに皮脂を抑える方法も有るのです。

 

お金を掛けないなら時間を少し使う事にはなります。それは運動とお風呂なのです。順番に説明しますね。

 

皮脂が分泌されても本来は問題は無いのです

毛穴から皮脂が分泌されても、本来は問題は無いのです。皮脂は肌に適度なツヤを与えてキレイに見せますし、肌をバリアする機能も有るのです。

 

ただ、それは普段から毛穴から皮脂が分泌されて、適量の皮脂が分泌される場合です。毛穴が慣れてないと、ついつい皮脂が過剰分泌されるのです。

 

普段から汗をかいて毛穴から汗も皮脂も分泌させる

普段から運動をして汗をかいていると、毛穴も慣れてきて汗も皮脂も適量が分泌されます。ジムに通えればベストでは有ります。

 

そうは言ってもジムに行くのは、さすがに面倒ですよね。そういう人は週に一回でも良いので、一つ前の駅で降りて、多めに歩くのです。結構、汗をかきますよ。

 

別に運動と言っても汗だくだくまで、体を動かさなくても良いのです

ちょっと歩いて汗をじっとりかくだけでも大丈夫です。その後、フォローすれば良いのです。それはお風呂です。少し歩いた後でお風呂に入るのです。

 

ついつい面倒になってシャワーで済ませてませんか? それを週に1〜2回で良いので、しっかり湯舟につかって汗をかくの大事なのです。

 

汗腺も鍛える事ができます

適度に汗をかいて、仕上げにお風呂に入れば、汗腺を刺激して活性化します。その結果、昼間も妙に皮脂を分泌する事がなく、適量に皮脂や汗を分泌するようになります。

 

ジムに通って本格的なワークアウトをしなくても、多めに歩いてお風呂に入るだけでも、バッチリ皮脂ケアになりますよ。

 

 

 

スキンケアで頑張らなくても、運動とお風呂で皮脂の分泌は変わります。逆に言えば、しっかりスキンケアした上で、運動とお風呂を取り入れれば効果倍増ですよ。


そもそも皮脂を抑える必要は無いの?

そもそも皮脂を抑える必要は無いのか

顔がベタベタになったり、化粧崩れの原因となる皮脂。こんなの無ければ良いのに... と誰もが思いますよね。

 

でも過剰分泌された皮脂はやっぱり抑える必要が有ります。皮脂は悪い事ばかりでは無いのですが...

 

皮脂本来の働きとは?

皮脂はニキビの元となったり、化粧崩れの原因にもなりますので、皮脂なんて不要だと思いますよね。でも、そうとも言い切れないのです。

 

もともと皮脂膜は外部の刺激から体を守る働きが有ります。だから皮脂を全て落としてしまっては困るのです。皮脂は必要なのです。

 

ところが皮脂が過剰分泌されるのが悲劇なのです

皮脂が必要なのは分かるけど過剰分泌じゃないの? と思うのはごもっともです。確かに肌を守るだけなら、肌をベトベトにする必要は無いです。

 

でも人の体はそんなに微調整は効かないのです。「何か肌が乾燥している?」と感じたら「とりあえず皮脂を分泌しよう」と言うのが人の体なのです。

 

その結果、ニキビが出来たりメイクが崩れたりします

ちょっと皮脂が多く分泌れされると、メイクが崩れたり多少の問題は発生します。でも体にとっては命を繋ぐ方が大事なので、多少のトラブルは気にしないのです。

 

多少の肌トラブルが有っても、体を守る方が大事なのです。だから皮脂が過剰分泌されても気にしないのが人の体なのです。

 

皮脂は確かに必要だけど

体を守る為には皮脂が必要です。まったく皮脂が無いカサカサ肌では寂しいです。でも、皮脂が多すぎるベトベト肌も困るです。

 

微調整が効かないのは仕方が無いとしても、スキンケアでしっりケアすれば、微調整は人の手でご自身で出来ます。だから日々のスキンケアなのです。

 

 

 

皮脂は無くなっても困るのです。適度な皮脂が分泌されるように日々のお手入れが皮脂コントロールには重要です。


やっぱり皮脂の過剰分泌にフォーカスするなら「ラシュレ」がイチオシです


でもメイクでカバーするのにも限界が有ります

化粧下地やファンデで工夫しながらカバーをするのも限界が有ります。あぶらとり紙でも拭ききれない。やっぱり原因となる素肌から皮脂コントロールしないと。

 

ここでは皮脂の過剰分泌を抑えるスキンケア製品の厳選情報をまとめました。
そして、あえて一つを選ぶなら皮脂ケアは「ラシュレ」なんです! その理由を言うと、ラシュレは元々女性のオイリー肌を徹底ケアするために開発されたオールインワンの基礎化粧品だからです。

 

オールインワンだからこれ一つの簡単スキンケアです。他は化粧水も乳液も不要で、洗顔の後はこれだけ。シンプルだけど多くの人に支持されるのは実力派の内容だから。

 

オイリー肌・脂性肌のケアに特化したスキンケア

オイリー肌の特性に合わせた10種類のナノ化保湿成分を高濃度で配合して、肌の奥から保湿ケア。オイリー肌に合わせた抗菌作用でニキビや肌荒れもケアします。そして収れん成分の引き締めアロマで毛穴を引き締める事で皮脂分泌の調整をサポートします。徹底的に脂性肌をケアするのです。

 

しかも低刺激の無添加だから敏感肌に安心ですし、肌表面はベタついていても肌内部が乾燥しているインナードライ頬だけカサついている混合肌でも使えるのです。

 

肌に合うか気になるなら90日返金保証も使えます

それでも、自分の肌との相性は気になると言う人には90日間の返金保証が用意されてます。特に敏感肌の人や、自分にも効果が有るか不安な人は、しっかり返金保証を活用してください。

 

ラシュレがオイリー肌・脂性肌を徹底ケアする仕組みは公式ページに詳しく解説されています。利用者の口コミは良いのも辛口なのも、そのまま載っていますので、自分と合うかチェックするのに参考になります。とにかく皮脂の過剰分泌を徹底ケアしたい人にピッタリなんです。

 

▼顔の皮脂に困っているなら試す価値が有ります▼



ここで想像してみてください......

  • 今まで諦めていたギトギトのオイリー肌が、潤いが有るサラサラ肌になって喜ぶ、あなたの姿を...
  • 大事な人が至近距離に来ても、肌のテカリや化粧崩れを気にしないで済む、あなたの姿を...
  • 毎日の面倒なスキンケアが簡単になったのに、オイリー肌から解消された、あなたの姿を...

 

もうテカリやベタベタ肌に悩まない! 肌の奥から皮脂ケアをして、ツルツル美肌を手に入れましょう。
このサイトは皮脂の過剰分泌を抑えるコツをまとめています。こちらの内容でベタベタ肌の解消に少しでもお役に立てば嬉しく思います。



更新履歴